在籍確認なしの銀行カードローンはあるのか

銀行カードローンでは職場への在籍確認が行われます。申込み書に記入した会社に本当に勤務しているのか、銀行の担当者が職場に電話をかけて確かめることで、収入などの記入に間違いはないかなどチェックを行っています。
もしも嘘の記入をしているとこの時点でバレてしまい、審査に落ちるのはもちろん、他社への借り入れも制限されてしまうことになるでしょう。

 

よって必ず受けなくてはいけない審査の一つとされていますが、しかし頻繁に外部から連絡をうける社員や会社ならともかく、会社によっては外部からの連絡を受け付けないこともありますし、社員によっては違和感を覚えられてしまうこともあるはずです。担当者の個人名でかけてくるのが一般的なので、それだけでカードローンの審査だと知られる可能性は低いものの、ばれないとは言い切れません。
そのため、できれば在籍確認なしで申し込みたいと思っている方が多いですが、では、実際に在籍確認を拒否することができるのでしょうか。

 

原則として在籍確認なしのカードローンはありません。
ただ、どうしても電話をされたら困るという方は申込み前に相談してみるといいでしょう。場合によっては収入を証明する書類の提出をすることで回避することができます。
収入を証明する書類には給与明細書、源泉徴収票、確定申告書、納税証明書などがあります。会社に発行してもらわなくてはいけないものもありますが、借入れが知られてしまう可能性は防げるでしょう。