専業主婦は何社までカードローンが利用出来る?

基本的に、カードローン・キャッシング契約をするためには「自分で収入を得ている」と言う必要があります。基本的な契約方法としては、金融業者と申込者本人の2者のみで行う為、申込者が返済可能な人物であるのかどうかと言うことを審査によって判断します。そもそも収入がなければ返済能力があると判断することは出来ない為、申し込みをしても断られてしまう可能性が非常に高くなります。

 

しかし、専業主婦の場合は特別に無職でもお金を借りることが出来ます。と言っても、審査をパスできるかどうかによって借りられるかどうかは変わってきますが、この審査で評価されるのは「配偶者の収入や信用」です。

 

銀行であれば総量規制対象外となっているため、明確に年収に対する借入れ上限金額は決まっていません。消費者金融の場合は年収によって上限金額が決まってしまうため、必然的に複数の借入れをするためには相応の年収がある必要が出てきます。

 

申込み方法や契約内容などは通常と同じですが、審査の際に評価される内容が本人では無く配偶者のものになると言う違いがあります。総量帰依性対象外のカードローンであれば、特に配偶者の同意を必要とはしていないので内緒で契約することも出来ます。しかし、自分の信用で契約している訳では無いので借り過ぎには十分注意することが大切です。

 

何社まで借りられるのかは配偶者の年収などによって大きく変わりますが、より可能性が高いのは銀行ローンです。